筋肥大への不安

ダイエットの筋力トレーニングをした場合、腕や足が筋肉で太くなるのではないかと心配する人もいます。特に、女性の場合はプロモーションを気にして、筋力トレーニングを避けているかもしれません。しかし、結論から言えば簡単に筋肥大をすることはないです。

筋肉が発達するためには男性ホルモンが大きく影響します。女性は男性と比べて男性ホルモンが分泌されづらく、筋肥大をするのが難しいです。男性ですら筋肉を1kg付けるのは難しいと言われているため、ちょっとしたトレーニングで女性の筋肉が太くなる可能性は低いと考えてよいでしょう。

もし、筋肥大が心配な場合、筋力トレーニングの方向性を見直してください。筋肉には速筋と遅筋と呼ばれる筋肉があります。速筋は1セット10回以下程度、遅筋は1セット20回程度の負荷で行う筋力トレーニングです。速筋は短距離走選手のような太い筋肉、遅筋はマラソンランナーのようなスマートな筋肉なので、遅筋を鍛えるようなトレーニングをしましょう。

女性が遅筋を鍛える方向でトレーニングする限り、筋肉が太くなってしまうことは考えられません。代謝アップやプロポーション維持に役立つため、安心して筋力トレーニングに励んでください。